出会い情報部
出会い系サイト攻略

このサイトで僕が出会ったのは、舞ちゃんという女の子です。

このサイトは、不倫関係を求めている人妻が多いので、愚痴などをちゃんと聞いてあげると効果があります。
セックスをスポーツとして捉えるならいいかも。完全に入れ喰いです!
なぜ「不倫」が今注目されているのかの駄文を↓に少々書きましたので興味があれば読んで見て下さい。

対象サイト 不倫待合室
URL http://furin-lounge.com/
目的 不倫
男性比率 48%
女性比率 52%
メール返信率 75%  (100人に送信調査した結果)
出会った人数 12人
出会いまでの日数 平均 2日
調査エリア 渋谷
↓ 攻略サイトはコチラ ↓


なぜ今「不倫」なのか?

既婚者の恋といえば「男の浮気」だった時代は既に終わり、女性のために今既婚者が体の関係や議事恋愛のパートナーを探す場所が必要とされている。
以下に世界一のコンドームメーカー、デュレックス社のデータを元にした非常に興味深いニュース記事がある。ぜひ一読して頂きたい。


「結婚してても“恋”したい!」 夫以外のパートナーを作る人妻たち…
セックスをしないオトコたちがセックス白書の平均値を下げている


六本木のサルサパーティに行ってみると「恋人のいるお金持ちミセス」のオンパレードだ。聞いてみると「ダンナは社長・・・仕事が忙しいので、帰るといつも疲れて、家で子供とテレビを観ている」とのこと。昔はオトコが外で遊び、オンナは家庭を守るという図だったのが、一体いつの頃から逆転したのだろうか?
ご主人が貿易会社の社長で、サルサ歴3年の真美さん(39歳)は今3人目のパートナーと付き合っている。「主人(43歳)は私の顔を見ると『疲れた』『疲れた』を連発し、食事の後はゴロゴロとソファに寝転がってテレビばかり観ています。私には『疲れてるからキミの夜の相手はできないよ』と毎日私に向かって言っているように感じます。」という。現に、彼女はこの5年間はご主人との夜の生活は皆無で、最近ではもっぱら恋人が相手だそうだ。
(中略)
ネット上のデータや、医療サイトを見ると「仲が良いのにセックスレス」という夫婦が案外多いとのこと。深層心理的な部分も関わってくるので一言では言えないようだが、妻を「女性として」見ることから、「家族として」見るようになる男性側の一方的な心理変化が要因という診断が多い。確かに、家族化してしまうことでセックスをしづらくなってしまうのかもしれない。
http://news.livedoor.com/article/detail/3398522/ (引用)


読んで頂ければ明らかなように、今もっともセックスに貪欲な存在が既婚女性という事だ。
男性の性欲のピークは19〜20歳程度と言われているが、逆に女性はピークが25〜30歳程度でその後も衰えが男性に比べて遅い。

世の女性達はいつまでも「求められる」ことを求めているようだ。かたや疲れた男達は特に嫁をセックスの相手として認識しなくなる。一昔前であればそれでもじっと家庭を守っていた女達だが、男女平等の名の下にドンドン世に出て来るようになった。加え昨今のインターネットの普及により容易に不特定多数の男女が出会えるスペースが大量に用意されている。
こうして「不倫待合室」のようなまるでセックスパートーナーを探すための釣堀の様な場所が完成してしまったというわけだ。

なにはともあれ一度世の中の実情を肌で感じて欲しい。
ただし自分のや知人嫁を見つけしまっても決して取り乱してしまわないよう気をつけて…

不倫待合室